キラリ☆ふじみ朗読劇『ドルチッシモ・カンタービレ』の稽古日誌です。


by kirari_roudoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年 03月 27日 ( 2 )

そして本番。

3月25日(土)
ついに本番です。
みなさんは11時30分に集合。
キラリ☆フェスティバルは10時から始まっていて、
中村さんは人形劇でも参加してくださってました。
大忙し!
人形劇の誘導でついていたら、迷子の川崎先生を発見。
すみません・・・・ちゃんと場所を説明していなかったもので・・・

12時からゲネ。
休憩の後、本番です。

中出は、別プログラム担当だったので、
開場時間には間に合わず、かけつけたときには
すでにたくさんのお客さんが入ってくださってました。
伊藤さんと、サポート委員の西島さんがお客さんをお出迎え。
そのまま、前説。すみません・・・下手で・・・
朝、自転車に乗りながら練習したときは、
割とうまく言えたんですが・・・いざ本番となると・・・出直します。

本番は、みなさんパワー全開。
「稽古でやってよ~」
と工藤さんがいうほどでした。
細かいハプニングはあったものの(工藤さん、みなさんすみません)
無事本番が終了できました。
動員は、なんと165人!
マルチホールがいっぱいでした。
す、すごい!
「一人5人」作戦成功ですね。
というか、もっと呼んでくださったんですね。

本番後は、演劇の日全体で打ち上げを兼ねた交流会を行いました。
演劇体験ワークショップ講師の明神さん、わたなべなおこさんも
観てくださり、それぞれに感想もいただきました。

約5ヶ月間の稽古、本当におつかれさまでした。
工藤さん、ありがとうございました。
工藤さんに出会わせてくださったオリザさんに感謝すると共に、
工藤さんのようにすてきな演出家、そして女性に出会えたことに感謝します。
川崎先生、すてきな曲と、おもしろい?ギャグありがとうございました。
そして、22人の参加者のみなさん、本当にありがとうございました。
無事本番を迎えることが出来、それがなによりでした。
みなさんに出会えたことが、幸せでした。

ゲネの写真が出来たら、またアップしま~す。
[PR]
by kirari_roudoku | 2006-03-27 13:19 | 中出千尋

駆け足で振り返る。

昨日、キラリ☆フェスティバル音楽の日も無事終了し、
キラリ☆ふじみ17年度事業がすべて終了しました。
ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
23日の稽古から本番まで、すぐにアップできなくてごめんなさい。
ここを見てくださる方も増えていたのに・・・
それでは、本番までの3日間を駆け足で振り返ってみましょ~う!

3月23日(木)
昼間、照明のいときん(伊藤くんのことをこう呼びます)が
スタッフと共に照明を仕込んでくれました。
仕込み終わってから、稽古の直前まで、
どの色がいいのか、事務所で真剣に悩んでおりました。
さて、どんな照明になったのか!?

まずは衣裳合わせ。
参加者自身がスタイリストでした。

今日は川崎先生がいらしてくださいました。
本番に向けて、最後の指導です。
「前のことを忘れてなかった~」
と先生を安心させることが出来、良かった、良かった。
さらに上を目指すために、細かく指導をしていただきましたっ。

そして、稽古。
a0057497_10415050.jpg
a0057497_10422547.jpg











a0057497_10444622.jpg
a0057497_10461064.jpg











照明はこんな感じになりました。

川崎先生の指揮登場シーン
「袖から真ん中に出て指揮をするのに、
真ん中に出て行くだけで、演出家に10数回
ダメだしされたことがある」
との逸話?がある先生。
でも、今回は大丈夫でしたよね?

a0057497_10534577.jpg
a0057497_10541891.jpg












「確実に演劇的な瞬間があって、おもしろい!」
と川崎先生も言ってくださいましたっ!
演技?偶然?の間とか、
つぼにくる瞬間が、いつの間にこんなに増えたんだ?
と思いながら観てました。



3月24日(金)
ついに、前日、今日はゲネ。
そして、差し入れが大量。
ほんっとに大量でびっくりしました。

今日は写真を撮ってくださる三井さんと
富士見名物“縄文どらやき”を差し入れてくれた館長と
キラリのさわやか職員坂本さんが観てくれました。

館長がくすくすくすくす笑ってる声が聞こえ、うれしくなりました。
昨日より若干、「おろ?」ってシーンもありましたが、それは生もの。
そんなときもあるのです。

ゲネ後のダメだしは、差し入れをつまみながら。

「お肌の調子を整えて」by工藤さん
本番を迎えましょう!
[PR]
by kirari_roudoku | 2006-03-27 11:49 | 中出千尋